事務局

6月定例会は、2014年6月17日(火)夕刻より開催されました。

Exif_JPEG_PICTURE

一般の依頼者からの作品の評価、議題についての話し合い、

委員からの提案に対する意見の交換が行われました。

 その他のご報告は以下の通りです。

1.7月例会「協会1周年の会」について

●日本アート評価保存協会も来月7月で一周年を迎えます。

節目にあたっては現在特別な会を催すべく委員の皆様の意見を元に準備中です。

小さな歩みではございますが、試行錯誤しつつ皆様へのPRを行った結果、

徐々に効果も現れてきたという実感もございます。今後も当協会の、常識にこだわらず、

ユニーク且つ自由な発想で日本美術界を盛り立てるような事を考えて行きたいと思います。

 

2.6月例会スペシャルトーク

 「新しい表具で遊ぶ-風香」6月安河内様 (2)

  ギャラリーやすこうち 店主 安河内眞美氏

 ●今月は、「なんでも鑑定団」の鑑定士としてもおなじみの、安河内眞美氏に

お越しいただいて、床の間にこだわらず、自由な発想で掛け軸を楽しんで

もらいたい、という思いから作り始めた安河内氏オリジナルの掛け軸「風香」

についてお話をして頂きました。

「風香」とは、著名な日本画家や新進気鋭の画家の方たちに絵を描いていただき、

その作品に関連を持つ着物や羽裏の布で表具をしたものだそうです。日本古来の二十四節気に従って、

日本の季節感や日本人の日々の暮らしの中での行事、縁起物の吉祥文様の解説を織り交ぜながらのお話でした。

6月トーク画像1←実物作品も拝見しました。

 

 

 

 

 

*今月は、PRの効果もあり、スペシャルトークに多くの方が聴講にいらっしゃいました。6月トーク2

今後とも、多くの聴講生の方に参加して頂きたいと思います。

どうぞ皆様来月も是非ご参加ください!

来月7月は岩堀恭一氏の映画の小道具、衣装のお話です!!

・7月スペシャルトーク開催

IMG_20140604_0001 (2)

7月のスペシャルトークは、「映画」がテーマです。

当協会委員であり、映画の小道具、衣装のコレクターである岩堀氏が

今月の講師です。

映画にまつわる面白いお話や、実際にコレクションを目にするチャンスです!

奮ってご参加ください。

●7月15日(火) 18:00~ (約40~50分)

●タイトル:「映画のもう一つの見方」

●講師 : 岩堀 恭一氏 (株式会社スクリーンステージ 代表取締役)

●申込み締め切り日 : 先着順です。席が無くなり次第、締め切りと致します。

●聴講料 : ¥500

chirasi

 

14月特別会春の遠足北原別邸探訪ツアーの報告(事務局より)

●4月にもご報告致しました、北原別邸で開催された特別会の様子を、写真を

お見せしながら事務局から改めて皆様にご報告しました。また、当日の様子が

「美術の窓」誌に掲載されましたので、そちらの記事もご紹介しました。

「 美術の窓」の6月号ブログにもアップされています。

 

 

2「秀逸企画賞」の報道について

 ●3月例会で開催した「秀逸企画賞 表彰式」について、4誌(新美術新聞、美術の窓、

都政新報、月刊美術)に記事が掲載されました。今年度も募集する予定ですが、

まだまだ周知させるに至っておりません。是非委員の皆様のお力を借りて、口コミで

広めて頂きたいとお願いします。

 

3.5月例会スペシャルトーク

 「北斎漫画の魅力」

  株式会社 浦上蒼穹堂 代表取締役 浦上満氏

 ●質・量ともに世界一と言われる北斎漫画のコレクションをお持ちの浦上氏に、

「北斎漫画の魅力」と題して講演をして頂きました。

資料とスライドで葛飾北斎という人物、北斎漫画についてのお話を解説して頂いた後、

このスペシャルトークのために、ご持参頂きました北斎漫画の実物を見せて下さいました。

(しかも、コレクションの中でも選りすぐりのものをご持参下さったとか!)

浦上氏のお話は、とても明快でわかりやすく、北斎漫画の楽しみ方をいろいろとお教え頂きました。

そのうえに、氏の溢れんばかりの北斎漫画に対する思いも伝わるトークでした。

皆様も引き込まれ、聞き入っていました。

写真 3 (3)

 

 

 

楽しいゴールデンウィークもあっという間でしたね、、、。

皆様はいかがお過ごしでしょうか?

さて、既に「新着情報」にもご報告しておりますが、4月特別会の「北原別邸ツアー」の

スナップをアップします!

Exif_JPEG_PICTURE

① こちらがゲストハウスのエントランスです。

②    お庭から出迎えてくれたのは北原先生の愛犬ロビーくん!とてもよいこ。 

② お庭から出迎えてくれたのは北原先生の愛犬ロビーくん!とてもよいこ。

 

③到着後、まずはガーデンで乾杯!!

③到着後、まずはガーデンで乾杯!!

④ 室内でのトーク後は、一緒におもてなしくださった北原先生の奥様 旬子夫人に。 協会から感謝の花束。プレゼンターは協会副会長河合先生。

④ 室内でのトーク後は、一緒におもてなしくださった北原先生の奥様旬子夫人に協会から感謝の花束。プレゼンターは協会副会長河合先生。

⑤マリ・クリスティーヌさんが飛び入り参加。ご近所なのだとか。

⑤マリ・クリスティーヌさんが飛び入り参加。ご近所なのだとか。

 

 

 

今月の例会は、いつもの銀座事務所を飛び出し、委員の1人、北原照久先生の別邸を訪問する会を

開催しました。

今回はスペシャルトークと同様に一般の参加者を募りましたところ、全員で40名以上になり、

バスを貸し切ってまさに「春の遠足」となりました。

 

←海に続いているかのようなガーデンでのビュッフェパーティー

←海に続いているかのようなガーデンでのビュッフェパーティー

北原邸は、1930年代に建てられた元竹田宮様の別邸。

到着後ひと時邸内を見学後、評判通りの海に面した

ガーデンで昼食を頂き、続いて室内でのトークタイムとなりました。

 

 

 

 

 

1北原先生のお話「邸宅とコレクションについて」

先生はブリキのおもちゃコレクターとして有名ですが、その他昔の広告(その数はおもちゃより

多い)、現代作家など、そのコレクションは多岐にわたっています。3

その中でも最大のコレクションが今回お招き頂いた

佐島の邸宅だそうです。

     (右写真→)

昭和初期の皇族がお住まいになった建物ならではのこの家を、北原先生は極力当時の姿を保ちつつも、よく手を入れ、入念に管理されています。

 

★北原先生にとって「コレクションすること」「コレクターであること」とは?

・「コレクション」は人が管理し、触り、見たり見せたりしないと死んでしまう。

(「死蔵」という言葉もある通り!)

・「コレクションとは、「ときめき」であり、「モチベーション」である

・コレクターにとって、自分のコレクションが誰かに評価される事はとてもうれしいこと。

北原コレクションを皆さんが評価し、喜んでくれることはとても幸せ、と仰います。

 

★「コレクターとしての楽しみ」「コレクションとの生活」とは?

・生活の中で使い、楽しみ、お客様にも喜んでもらえること

・日々の暮らしの中でトータルに楽しめること

 

2.河合副会長のお話

 

北原邸を見て感激した事があります。一時期ここに住まった英国人が増築した離れが元の母屋のデザインに合わせて建てられている事です。(下の2枚の写真)

( 母屋 )                 ( 後から建てられた別棟 )

RIMG0223

RIMG0419

 

 

 

 

 

 

 

 

欧米の人は街並み、家並みを整える意識がちゃんとある。今まで日本人は自分の好き勝手に家を建て

周囲の事や、街並みを考えない。これは反省すべき点です。

現代美術の「インスタレーション」には、あるものとあるものを加えて新しい造形を作る、という

表現方法があるが、日本人は元々特性として、自分の生活の中で身の回りの物をうまく組み合

わせることの大切さが身についていると思います。

ですから本日参加した皆さんも、「身近なもののコレクター」、「自分の中の美の創造者」との

自覚を持っていくべきと思います。

芸術作品の価値は個人の問題であります。自分の中の美意識でもって金額を決めればそれが

その作品の金額になる、そのよい例が北原コレクションであると思います。

そんな中でわからない事や、価値について聞きたい事があれば、当協会に何なりと相談して

頂ければ、皆さんの生活を豊かにするアドバイスが出来ると思います。

こんにちは!

やった!春だ!桜だ!

、、、と浮かれていた事務局スタッフです。

が、

「咲いた!」  と思ったら冷たい雨の日、

「そろそろ見ごろ!」  なのに、冬のような寒さの日、、、。

今年は花見日和が少なかったように思うのは私だけでしょうか?

皆さんはお花見楽しみましたか?

さて、お花見といえば東京は「上野公園」が有名ですね。

上野公園といえば、「美術館めぐり」 「動物園」 「西郷さん」 と連想する方が多いでしょうが

実はもっと奥がふかぁい場所なんだってこと、ごぞんじですか??

ある日の事務局定例ミーティングで、安村事務局長に上野公園の「隠れ名所」のお話を聞いて、

「へぇえええええ~~」と関心しきり。

上野公園にある、「落ちない」大仏様とは!?

上野なのに「京都」?そして「日光」?

知りたくなったみなさま、先生のコラムがありますのでこちらをクリック!!

・江戸アートナビ No.001
 浮世絵片手に上野へ行こう!
 歌川広重《名所江戸百景 上野清水堂不忍ノ池》
 監修/安村敏信氏
 http://tokyoartnavi.jp/edoartnavi/index.php

イラスト付きのとても楽しいコラムです。

そしてなんといっても先生の似顔絵がそっくり&チャーミングです。是非ご覧くださいませ。

桜は見ごろを過ぎても風に吹かれてフラフラ歩きが心地よいお日和ですね。

美術館見学とともに、こんな楽しい散策も楽しんでください~。

5月に引き続き6月のトークも決定いたしました!

是非ご参加ください!

・6月例会スペシャルトーク開催

安河内様写真

 

●6月17日(火) 18:00~ (約40~50分)

●タイトル:「新しい表具で遊ぶーふう

●講師 : 安河内 眞美氏 (ギャラリーやすこうち 店主)

「風香」とは、TV東京<開運!なんでも鑑定団>にレギュラー

出演中の安河内眞美氏が提案する、新しい感覚の掛け軸です。

著名な日本画家や、新進気鋭の画家による絵を古布で表具しており、

日本文化や四季を気軽に楽しんで頂けるような、楽しくて分かり易いものです。

安河内氏から新しい感覚の日本の美の楽しみ方をご提案頂きます。

●申込み締め切り日 : 先着順です。席が無くなり次第、締め切りと致します。

●聴講料 : ¥500

 

【プロフィール】 安河内 眞美(やすこうち まみ)

福岡県北九州市生まれ。上智大学外国語学部ロシア語学科卒。

アメリカへ語学留学の後、東京の老舗古美術商にて五年間の修行を積み、1985年に独立。

東京都港区六本木で掛軸、屏風等日本画を中心に扱う美術商を始める。

1996年よりTV東京の<開運!なんでも鑑定団>にレギュラー出演中。

2007年には、ジャンルを問わず日本の美術品を扱う「ギャラリーやすこうち」を北九州市

小倉にオープンした。

江戸時代を中心に、狩野派、琳派、円山四条派などの古画を得意としながらも、

新しい和の芸術や工芸品にも探究心旺盛で、

自らプロデュースしたオリジナル掛軸「風香」も注目を集めている。

 

チラシはこちらです!!  ↴

スペシャルトークチラシ(5-6月) (2)

 

 

 

 

5月のスペシャルトークです。皆様是非お越しください!

 

・5月例会スペシャルトーク開催

 ●5月20日(火) 18:00~ (約40~50分)

 ●「北斎漫画の魅力」

 ●講師 : 浦上満氏 (株式会社 浦上蒼穹堂 代表取締役)

 ●申込み締め切り日 : 先着順です。席が無くなり次第、締め切りと致します。

 ●聴講料 : ¥500

チラシはこちらです!!(クリックで拡大表示されます)

   

スペシャルトークチラシ_01 - コピー (2)

すみません、アナログな事務局スタッフです。

こちら日本アート評価保存協会が設立されて以来、少ない人数で頑張っております。

「得手不得手問答無用!」という事で初のホームページ制作を担当し、

「不定期につぶやくぞっ!」と意を決しつつ、すっかり時間の経過に追い越され、、、。

 

これからは(やはり不定期ですが)、頑張ります!!

 

さてさて、春のお彼岸も過ぎ、今日はとっても暖かいですね。大好きな桜もそろそろといったところでしょうか、、。

あっという間に例会も先週第8回を無事に終えました。

ここで今までの例会での一コマを少し皆様にもお見せしましょう。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

【その①】

11月例会でのNHKプロモーションの牧野さんのスペシャルトーク。

デジタル化された浮世絵版画は拡大しても画像がとてもクッキリ!

魚屋さんの桶に入っている魚の種類もよくわかります。 すばらしい!

牧野さんは、時々浅草にある 「アミューズミュージアム」 で毎週木曜日に

開催される「浮世絵ナイト」というイベントにご出演でいらっしゃいます。

是非足を運んでみてくださいね。

 

【その②】 12月例会は、年末の忘年会を兼ねて、委員の皆様にお楽しみいただこうと、中国伝統楽器の二胡と楊琴のライブと、簡単なお食事を用意しました。

Exif_JPEG_PICTURE

二胡奏者のシェンリンさん(左)と楊琴奏者のグォミンさん(右)。

Exif_JPEG_PICTURE

協会のロゴマークの”マッシュポテト”です。

Exif_JPEG_PICTURE

一口サイズのお料理にもロゴマークの旗がっ!かわいい!
こちらの料理は FETE CAFE さんにお願いいたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

【その③】

3月例会では、第1回秀逸企画賞の表彰式を行いました。Exif_JPEG_PICTURE

はるばる徳島からお越しくださいました、徳島城博物館

瀧山館長(左)に表彰する、当協会の河合正朝副会長(右)。

バックの屏風は、徳島ゆかりの画家、公文蘆淵作です。

 

 

 

 

こんな風に毎月趣向をかえつつ頑張っております。

皆様応援頂ければ幸いです。

 

 

 

 

 

 


1
.「アートフェア東京2014」出展報告              

3月7日(金)~9日(日)東京国際フォーラムにて開催された「アートフェア東京2014」に

日本アート評価保存協会が出展し、協会の仕事内容を紹介致しました。

出展に際し、協会のチラシを作成し、来場者に配布し、PRに努めました。

会期中来場者は約50000人だったそうです。

(ブース展示内容)

・評価委員/北原先生のおすすめ作家(山下真一氏)の作品展示

Exif_JPEG_PICTURE

・ISEアートオークションカタログ展示(若手作家支援の為、表紙作家に採用)

・表紙作家の作品展示販売 (冨岡奈津江氏・古賀勇人氏・今井龍満氏)

・鯉江良二作品展示販売
いずれの展示も関心が高く、作品や図録も売れました。山下真一氏のフィギュアも注文制作に関する問い合わせがありました。

チラシを見せながら協会の活動を説明しましたが、多くの皆様にご賛同・応援のお言葉を頂きました。(以下)

・美術館の企画に対しての表彰事業はとても良いことだと思います。

・良い企画展を担当した学芸員にも励みになるような賞もあると良いのではないか。

・(山下氏のような)精巧なフィギュア等も含め、日本の工芸作家の技術の高さ、日本

美術のすばらしさをもっとアピールすべき、という意見にはとても賛成します。

 

2.「秀逸企画賞」表彰式                                 

第1回の「秀逸企画賞」受賞館である、徳島市立徳島城博物館の瀧山館長にお越し頂き、表彰式を行いました。

徳島市長は年度末でご都合が合わずご出席頂けませんでしたので、瀧山館長は市長の代理として表彰状を授与し、

そして博物館への副賞(賞金30万円)を贈呈致しました。

RIMG0166

 

瀧山館長から「市長もとても喜んでいます。館の皆にとってもとても励みになります。」とのお言葉でした。
*来年度からは表彰式を2月に変更致します。

例会後には会場にて、瀧山館長を囲んで受賞記念の懇親会を行いました。

 

3.3月例会スペシャルトーク                     

 「神田神保町の書店街の成り立ち

  大屋書房 代表取締役 纐纈公夫氏

神田神保町にある、江戸時代の和本、古地図、浮世絵・版画の専門店である大屋書房の店主、纐纈氏をお招きして、

江戸の町の成り立ちから神田神保町での書店街が出来る迄のお話を伺いました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

実際に江戸の古地図を持参して広げて見せて下さっての説明は、古地図自体の価値と重なって、とても貴重なお話となりました。

 

 

 

サイト管理