20館17展のご応募の中から以下2館に決定しました。

 

 大津市歴史博物館
 企画展 『大津の都と白鳳寺院』

K74_ouminomiyako_leaf

≪選考理由≫

継続的に発掘・調査を行っており、地域ゆかりの美術文化を長年にわたって顕彰してきた実績があり、
同館ならではの好企画展を続けている館であることを評価した。

 

 目黒区美術館
 『日本パステル畫 事始め-武内鶴之助と矢崎千代二、二人の先駆者を中心に』

目黒区美術館poster

≪選考理由≫

日本画材に対する研究をしている美術館は少なく、パステル国産化の試みにも光を当て、同館が継続的に
続けてきた色材研究の成果を加えた企画であること。またこうした地道な研究・調査活動を行政として長く支えてこられた点を評価した。

 

≪今後の予定≫

2018年2月20(火)に各館長、市区長への表彰式、受賞館への副賞授与。

 

昨年に引き続き5回目となりますが、全国各地から応募がありまして誠にありがとうございます。
次年度も開催いたしますので皆様からの積極的なご応募をお待ちしております!